リスローンのクーラント添加剤、5種類それぞれの特徴

リスローンはこれまでに多くのクーラント添加剤を世に出してきた実績と共に、今では最も人気のエンジンオイルの添加剤に迫る需要と信頼感を持たれ、世界中で多くの人々に愛され使用されています。

現在日本では、5種類のラジエーター漏れ止め剤が発売されており、それぞれが異なる特徴を持っています。これらは、リスローンのカタログに詳しく掲載されていますが、ここではもう少しかみ砕いてみましょう!

基本的に、クーラント添加剤はカーボン繊維が配合されており、それを配管にできた小さな穴に入り込ませることで水漏れを止めます。これに、金属の粒子や特殊潤滑剤を加えることで特別な効果や特色を出し、より多くの症状に対応できるようになります。

ヘッドガスケットフィックス

クーラント添加剤でありながらこれら5種の中で唯一のブロックシール添加剤と呼ばれる種類に分類されます。これは、カーボン繊維の他に銅の粒子が配合されており、この特別な銅の粒子によりヘッドガスケットの抜けを抑える効果を得ています。漏れ止め剤としてもかなり優秀なのですが、銅自体が硬めの金属であるために配管内のサビを削ぎ落して細い配管を詰まらす危険性もあるのでご使用には深い理解と注意が必要です。価格も他と比べると非常に高いですが、ヘッドガスケットの修理費用と比較すると使ってみる価値はあるかもしれません。

冷却系リペア

クーラントの漏れ止め剤の中ではオールマイティタイプとなり多くの漏れ箇所に対応できます。カーボン繊維を主とした特殊配合により大きな漏れにも対応できます。ボトルの半分を占めるエクストリーム・クールはクーラントの表面張力を減少し、湿潤の性能を高めます。熱伝達の改善や、クーラントの温度低減や、オーバーヒートの予防などの効果があります。また、将来的なサビの予防やウォーターポンプの潤滑剤による鳴き止め効果により、クーラント添加剤の中では最も優れた付加価値のある製品です。

ラジエーター&ヒーターコアストップリーク

カーボン繊維の他にアルミニウムの粒子が配合されており、液体タイプの漏れ止め剤では最も優れた効果を発揮します。ヒーターコアを始めとした通常では効きづらい部分でも良い効果を期待することができます。また、エクストリーム・クールによりオーバーヒート予防の効果が付加されています。

ラジエーター2X漏れ止め剤

カーボン繊維による濃縮タイプの漏れ止め剤です。小さな容量で漏れ止め効果のみなので価格もかなりお手頃です。付加効果はないですがしっかりとヒーターコアあたりはカバーします。他の製品と比べると対応できる症状は少なくなりますが、簡易補修目的なら最も簡単に使用できるのでおススメです。

冷却系トリートメント

昔ながらのコルクタイプの漏れ止め剤です。優れた漏れ止め効果はウォータージャケットやホースにまで効果が期待できます。冷却系リペアと同じく、特に予防効果に高い期待を持てますが、あらかじめ粉々にしてクーラントに混ぜた方が安全面にひと手間が欲しい製品です。